シストレを使ってFX取引でどこまで出来る?

シストレはFX業者が無料で使わせてくれるようなものもあれば、有料のものまで千差万別です。
この中で自分がどれを使うかはまちまちでしようが、その気になれば自動売買寸前のところまでやってくれます。
現実に現在機関投資家が取引をする手法のほとんどはこのようなシストレです。
シストレは相場のある場面であればどこででも成立しえます。
機関投資家がシストレを採用したことで、取引は更にコンピュータ化しています。
ちょっとした相場の変動でプログラムが一斉に作動するため、下げ場面ではより一層の大暴落が起きえるのです。
このように短所もありますが、最近のシストレは可能なことがどんどんと増加しています。
機関投資家はシストレを使い、ゆったりとモニターを見つめ、必要に応じてシストレの入力値を変更するだけなのです。